上質なオリジナルTシャツは印刷の技術力で決まるもの

オリジナルTシャツ

オリジナルTシャツを印刷する前に知っておきたい生地の種類

オリジナルTシャツを印刷するために、自作するか業者に依頼するかお悩みの方もいらっしゃると思いますが、オリジナルTシャツの生地選びも重要な要素です。ここでは、Tシャツ生地の素材の種類についてご紹介していきます。
まずは綿。一般的にTシャツの生地のなかでもよく使われています。肌触りが良く、繰り返し洗濯しても型崩れしにくい素材です。吸水性に優れていますが速乾性はありません。 続いてポリエステル。
通気性と速乾性にすぐれており、汗をかいても肌に張り付かないというメリットがあります。そのため、運動やスポーツを想定したTシャツに使われる素材です。
トライブレンドという素材もあります。トライブレンドは、綿、ポリエステル、レーヨンの3種類の糸をブレンドしている素材です。3種の長所を活かしているので、どんなシーンでも使いやすい素材となっています。 お次はメッシュ(鹿の子)。通気性や伸縮性にすぐれており、サラっとした着心地が特長の素材です。独特の編み方によって鹿の模様に似ていることから鹿の子と呼ばれています。 最後はダブルフェイス。2枚の生地を縫い合わせるなどして重ねて使用するものです。同じ素材を重ねて厚みを持たせたり、別々の生地を一枚ずつ合わせて柄を変えたりすることができます。機能的に夏には使いづらいかもしれません。
オリジナルTシャツの生地によって印刷方法も変わってきますので、あらかじめよく調べたうえで印刷を行うようにしましょう。